ビジネスマン必須!
報・連・相の重要性


連絡・相談で心がけること


ビジネスマナーの基本である報連相で
上下以外の横のコミュニケーションでも必要な物なものは
連絡・相談です。

連絡・相をする上で心がけておくことはがあります。

○連絡
連絡する上で最も気をつけておきたいことは
関係者全員に伝えることです。

例えば、忘年会、新年会、歓迎会、送別会など
飲み会の開催日時について連絡がされていないことが起これば、
連絡を受けていない人は疎外感を感じ、
職場内の人間関係にヒビが入ることもあります。

そして連絡内容は簡潔に伝えるようにします。
「~のようです。」「~かもしれません。」のような曖昧な表現を使うと
連絡を受けた人は混乱します。
連絡する内容が決定事項なのか、ま
だ未定何か正確に伝えるようにしましょう。
あくまでも事実のみを伝えることが大切です。

ビジネス2

○相談
上司から命令された仕事に関してわからないことがあれば、
すぐに相談することが大切です。
最悪なのは勝手な自己判断です。
最悪の場合は取り返しがつかない失敗になることでしょう。

また、指示された仕事に関して改善策など
何か良い案が思い浮かぶかもしれません。
もし思いついた新しいアイディアが本当に良くて上司に認められれば、
あなたの株があがることは間違いないでしょう。
しかし、新たなアイディアを提案するときは、
根拠となるデータ等が必要です。
提案する前に、裏付けとなるものを用意しておきまそう。




HOME | 報・連・相とは? | 報告をするうえで | 連絡・相談で心がけること | デキる人の報・連・相 | 営業マンは報連相が出来ていない?

© 2012 報・連・相の重要性